★齟齬の逆波★

吹き飛べ!吹き飛べ!風も、空も、闇も、光も。
吹き飛べ!吹き飛べ!無も、舞も、生も、死も。
e0304099_19325976.jpg

「遙か遠くにユルヤカな山並みを望み、広大な平野を縦断して大海へと注ぐ川の河口岸近く、前は田畑であったろう平原地帯を、ブサイクに区画整理して出来た、都心郊外は新興住宅街の、最初の住人だったのか、はたまた先住者であったのか、広く広く、どこまでも広く拡がり続ける、幻の河川敷のような、平野の虚点に住まう、河原乞食が末裔としての一家族がいた」
「これは、昭和の乳房の、しなびた風情にガタピシと閉じ込められ、人一人通れぬ程近づいている、両隣の外壁に挟まれた、陽の当たらぬ風通しの悪い、古ぼけた安普請の平屋建てを棲み処とする、その一家族の長男坊の話なのだよ」
「暗くシトシトと湿けていて、埃と脂でウッソリと覆われながら、そんなことはどうでもイイというように、思想も美学も投げ遣りに無視した、ドギツク安っぽい器物に囲まれて過ごす少年の日常は、毎日夕刻になると始まる、隣家の、これまたドギツク安っぽい、退屈と不安の同居したような夫婦喧嘩を、馴れ親しんだように聞く耳を、オゾマシク見据えながらも、美への欲望を発散出来無い両の目を扱い兼ねていたし、身動きがとれないまま、統合性を欠いて寄る辺の無い、鬱鬱と愉しまぬ、そんな家内の空氣を吸い込む咽喉を、憐みながら蔑む風潮に、支配されてもいた」
「家からすぐだった小さな駅の踏み切りを越えて、無愛想でだだっぴろい広場と、何だか廃墟然とした田畑を、左右に見ながら緩い坂を上ると、そこが堤防で、少年の父親が子供の頃泳いだとされるその川は、今は濁り肥って醜く、とても泳ぐ氣にはなれぬし、そうなってしまった歴史の罪悪を見せ付けられた想いがして、すこぶる不快の念を擁きながら、同級生の少年や一つ判下の妹との擬似セックスに、逃避と俯瞰を覚えたり、マッチでの火遊びで燃え移ったカーテンに残された嘘臭い焦げ痕に、諦観と不満を募らせたりして暮らしていたのだった」
「汚穢にまみれた台所で料理された、たいして旨くもない夕飯がすんでからの近所を、買ってもらったばかりのピカピカの自転車で走り抜けながら『火事だぁーーっ!』と叫ぶ狼少年は、ドブ板を踏みはずして汚水にマミれた、臭くて情け無い昼間の足に仕返ししようと、ヤッカミ半分、自浄半分で、淋しく物憂げな自分を鼓舞するのだが、茶番は茶番のまま、神秘も奇跡も蚊帳の外で、寝入り端の天井の板の目に、不氣味な象徴を見出そうとしては、天井裏の鼠たちの運動会から、不吉な呪文を聴いていた」
「母親から贈られた、十本の誕生日のバナナに浸み込んだ呪術に惑わされた少年の、常日頃囲っていた闇が突出したのも、やはりその前後の誕生日であった。暗い生理と明るい自然が醸し出す、内外の解離が産んだ、自らの業の味氣なさにはホトホト参る術も無い有り様に、塩っ氣が抜けていく、体のダラシナサを傍観するのみであった」
「冥い暗い、自らの奥底を覗く勇氣が、欲しい癖に騙された、少年の体の暗闇で、夜毎繰り広げられる、虚癖宴なる儀式がもたらす効用を、少年が解明するには、猜疑心に満ちた少年自身という器官の活躍と、慙愧の念に引かされた少年自身という、出来事を超えた未完の器の、何事かへの没頭が必須となるのであろうな」
[PR]
by hitohiso | 2016-02-13 19:33