★龍★

龍は、古来より神獣として、靈獣として、人々に崇め奉られて来た。
龍は、天から降りて水呑む神獣の、靈獣の、姿形。
龍は、反りをもつ線蟲であり、蛇であり、蜥蜴。
龍は、弓に、刀に、縄に、橋に変化し、文化と成りて人に仕えた。...
虹は、目に見える龍として、古来より畏怖されて来た。
虹は、恐怖の象徴であり、不吉の現象であった。
虹は、人々への禁忌として起ち顕れた。
陰陽不和として、婚姻錯乱として、男女失道として、虹は凶兆された。
指指さば指歪むとして、虹は迷信された。
清浄にして、絢爛が虹は、光魔なりや。
颯爽として、豪奢が虹は、美鬼なりや。
荒れ狂う波、襲い来る津浪、暴れ落つる雪崩は、水の龍。
突き破り抱き殺す竜巻、圧し攫い吹き飛ばす台風は、風の龍。
轟き刺す雷、裂け砕くる噴火は、火の龍。
うね乱れ引き倒し、崩し覆す地震は、土の龍。
天変地異なるは、龍が仕儀なり。
天災・人災は、龍が仕儀なり。
龍とは、怪物であり、精霊。
龍は、鋭い眼光で世界を睨みつけ、圧倒的な力を暴発させる。
龍は、憤怒する不死であり、母型の影。
無の螺旋が龍なり。
虚点の乱舞が龍なり。
ドラゴン・アッシュはサクリファイス。
灰化恐竜は慈悲心鳥。

[PR]
by hitohiso | 2017-09-07 19:01