<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ああ!時空間の無限ループを、特異点の図星を装いながら常に想い出させる、私という、滑らかで冗長な同質性よ!
部分の全体像を、薄氷のドレスを纏(まと)いながら、すべてを網羅する、絹のように機能不全の非時空ランデヴー。
論理の破綻と因果律の無効よりも、むしろ生命の無い、固体史実としてのオブジェ性が、壮大な重合体の異種変換を促(うなが)すであろうが、不確定原理の複雑な拡張だけほの暗い、犯罪者の唯一無比と錯誤された、眩(まばゆ)く輝く明るい歴史を構成する、剥製と筋肉の困難な必要は、継続の均一性を把握する、生活と海の余韻への結婚が、甘い魔獣の冒険なのだ。
[PR]
by hitohiso | 2014-01-05 20:52
「人類の幸福を諦観して消す蜜儀」

智能を弄(もてあそ)ぶ、アニミズムの奇態(クレイジー)さに瞠目(どうもく)した、近代の呪術師(シャーマン)は、生命以前の時空を現出(リアライズ)させる必要性を、機能不全になりながら、恐怖を混濁(カオス)させたまま、地球を停止させて仕舞った。
停止して仕舞われた地球が、物凄く強烈な熱重力場へと、最悪の回転をしながら呑み込まれていったのを『観た』呪術師(シャーマン)は、地球との一瞥(いちべつ)を果たし、底無しの深淵へと飛翔していった。
現在型シャーマニズムは、未開のまま、朽(く)ち果てて、生命を垂(た)れ流し続ける、愚劣(ぐれつ)な凡庸(ノーマル)性しか嗜好(しこう)しない、惰眠(だみん)と堕落(だらく)を、唯一の強迫観念(オブセッション)とする界隈(ゾーン)に枯渇(こかつ)して在(あ)る様にみえる。

さてさて、
[PR]
by hitohiso | 2014-01-01 18:10