<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「死と魔を等化する透過性にはネ~、畏れ入りゃァしゃいまシャンせのォ、鬼と異能者が結晶化しちゃうよォーナァ~ん、観る光も味わう闇も消滅しちゃってクレちゃうヨぉーなサァ~、奇妙奇天烈DANCEなんかがァ~、金輪際・無用なんだってェ~ッ!」
「ヱっゑーッ!そんなん、キチガイ・マチガイ・カンチガイじゃん!」
「マぁ~、新参者の地球人にゃぁ無理の理っちゅうモンだけんどんヨ、ソレを可能にしやがる呪術やら合氣やら魔法やらが、シコタマたっぷりとアンだぜィッ!っとくらァ~♪」
「ほっひっふ。永遠に擁(いだ)かれとる仕合せなら御手のモンじゃて」
「アラアラ、御氣の猛毒様が御光臨にて人類絶滅とな」
「だってェ~、正正堂堂と不安になって仕舞っちゃったりしてイルとサぁ~、サテ?って感じでェ、忘却の海を~、呑み干しちゃったりシテルんだヨねぇー。そいでもってェ~、ヴェクトル美智バリバリのォ、PSYCHO神秘を虜(トリコ)にしちゃってるんだからァ~、始末に負えないのよネン」
e0304099_21145561.jpg

[PR]
by hitohiso | 2014-04-24 21:15
アタシってば「事象地平(Event-Horizon)に写された虚界へ、ようこそ」って、時空鏡に誘惑されちゃうんだけれどモ、存在の如何(いか)なる夢幻も超越した、アリカであり、消滅点でもある、カラダの完然無欠性を、狂氣と錯乱が交合する、全き新しい廃墟へと魅かれちゃう自分自身にはネ、魔性と聖性が結晶熔解しちゃってるようなエクスタスを覚醒しちゃうのよネェー・・・・
時空鏡そのモノが宇宙なんだって、宇宙自身が覚醒する頃に産まれちゃった、全宇宙に偏在しちゃう太陽系はサ、メタ・マンダラ化を抱き寄せちゃう、オブジェンヌたちを呼吸しながらネ、生滅DANCEしてイルのよネン♪
油断のナラねゑ神の御業(ミワザ)が合氣ならばョ、生活の呪術じゃっとか日常の儀式なんちゅぅんは、マサに正眞正銘の嘘偽りのネヱ身振りとナッちまってョ、時空鏡を爆発させマクり~ので、重力場ゴト消去させちまうってゑ仕儀ンなってっジャンっ!
存在への傾向(ヴェクトル)の空奇しさにはネ、比類無き無理数が記録されていてサ、暗喩(メタファー)された錯誤の歴史を破壊しちゃう、舞踏胎となったオブジェンヌたちにとってゎぁ~、極点交合するONENESSの絶体幸福そのモノなのよねゑ~♪
[PR]
by hitohiso | 2014-04-21 18:10
「無窮摂動ちゅう自己宇宙っつうのんはヨ、生滅を繰り返すゃぁ~す物質と非物質を、仕方存続的に産んじゃうんだけンどもヨ、巨大の単音とは一体全体何でっしゃろかいナと、経巡(ヘメグ)っちまう時空に恋した少年をサ、永遠の少女天国へと突き落とすんだよネ♡」
e0304099_21303013.jpg

『ホイだでもって、夢幻の闇から転がり回るオブジェンヌ星になってまったんだガヤ』
「何しろ、素粒子EROSと時空浄土DANCEの無質量Make-LOVEを演ずるんだからネエ~ッ♪よっ!所詮と図星の合氣地獄が、底抜け脱線仕合になっちまっただヨを~んだモンっだ!」
『それこそ虚点なんですわなもし。アリカと読むでありんすゑ』
「そいつは神秘と茶番っちゅうモンだゾナもし、Zero-point-fieldにゃぁ~、宇宙背景輻射能熱がTrans-Romanceすつるっつぅ~ワケでんがナ」
『つまりやねぇっ、渾沌が無限CHAOSへと消滅しはる領域、ZONEを暗喩しはりまんのやで』
[PR]
by hitohiso | 2014-04-15 21:30
☆存在の不可知性ヴェクトルを仕舞う術☆
★美と力を消すモノコトから★
*無も舞も躍るのだ*
♪Trans-Romance♪
「全く新しい廃墟の熱を仕舞って、音の無い風が香る時空へと、寂滅する星となる」
生は不快で無意味で醜いばかりだ・・・・。
死こそが美であり、叡智であるのに・・・・。
アタヰ、現象は信ぢぬわゑ。信づは生滅のみぢゃ。
!精神の星辰化と型の生命化が躍り合う時空は無いのだよ!
スヤスヤと眠る星の夕刻に出合った乙女が、魅力を湛(たた)えて消えて仕舞った。
∞永遠を意味する舞踏歌∞
❤純数と夢幻が恋した量子都市での事象地平ランデヴー❤
♡クセナキス古代都市を通底器にして爆発寂静する未来のオブジェンヌ♡
「一挙に型付ける未来の記録が、無造作の如く芽生える季節だなぁ」
『宇宙とは、絶え間の無い生成である。そして、それは、呼吸し続ける磁場を産む』
[PR]
by hitohiso | 2014-04-09 20:51
「狂氣の死が不能のように甘いのは、闇の全能性が仕舞われているからだ」
オブジェンヌの宝箱から、一人静と呪爆発する悲哀だなんて、無限の神秘に比べたら、素粒子と全宇宙っくらい超時空なんだからねっ!!!
存在ってのはさぁ、愛の魔法を信じる傾向(ヴェクトル)なんだけどね、それが即(すなわ)ち、そのままドンピシャ神智!っとは、虚数の人類が氣ツイていないんだな☆
残念も後悔も絶望も不安も、キレイ・サッパリ!消しちゃったから、極樂往生DANCEでも躍ってさ♪夢幻軌跡を抱き寄せるとするか★∞★
横超(TRANS)する時空波よ!その音は、熱となりて生滅する色を型トルであろう。天地の無い風が吹く、不可知ZONEゑヤウコソ♪
舞踏歌とは、永遠を意味する根源郷愁(ノスタルギア・アヴァンガルデ)。圧倒的母性(Absolute-ROMANCE)が偏向する力と美に、カオスが舞い裂く逸脱者の磁場で産まれた夢魔の卵は、量子都市を襲う重力波オブジェを、消して仕舞ったままなのだから。非在の呪神として呼吸し続ける肉体の赤道を断面化する、力も美も、あらゆる愛も無も夢幻の、封印が解放され自由が開放されればイイのサ。自己を抽象化する魔力に愛された肉体の生粋劇は、眞空斬りに合った磁場の想い出を、音と煙の歯車へと天地するのだモノ。
星辰をカッ飛ばして、白神と黒母の狂氣が非熱爆発する、欲情が転がり落ちる星たちの、舞踏だろうが宇宙だろうが、死のうが活きようが、氣持ちヨケレバ絶体無関係の、茶番と神秘の絶体ロマンス。宇宙線彫塑胎オブジェである、裏娘と看板嬢、その非在性を浴びた始末儀式に光臨した、暗黒大舞王の宇宙的無為の為。やめてもヤメテモ人間でいる不思議『メタ姿態からなる超屍体の傲慢』とは、人類未踏の領域を犯して愛す現象であろうナ。オブジェンヌの恋人と分かれた美智なる道を、一人静に仕舞う夜半、嫉妬と憂鬱と不安と憧憬の量子細胞から出直して来た私は、神輿を放り投げる神となって、細胞の事象地平を神経化したものだった。
空奇しき魔獣が絶体零度異化する宇宙の夢幻と無限・・・・
[PR]
by hitohiso | 2014-04-09 20:47