<   2015年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

*全ての虚者と∀の舞踏歌*
――今を仕舞うは永遠を躍る――
★未来は美しき過誤★
私に常に寄り添いながら、普段は遠い彼方に離れていて、その影さえ見せない仮の人の姿が、不図したはずみで顕れる瞬間があって、それがその朝、やはり唐突にやってきたのだった。
朝一番の鳥たちの囀りには、何か特別な意味があるのではなかろうかと、早朝の鳥たちが交わすハーモニーに、心ならずも動悸を覚えながら歩く道すがら、眞正面に鎮坐まします、見馴れた石垣を、摸造絵のようだなと感じた直後、側面宙空に正坐したように映る、ひらひらと舞い浮かぶ生物がいる! それは、小さな小さな純白の羽であったけれども、地面と平行にフワフワと漂いながら、正面からの石垣を片側に、漂う羽を反対側に、仮の人を境界にして分かれながら、私の視界から遠ざかる様は、重力と拮抗して妙に不自然で、小鳥たちの、野放図でいて厳格な挨拶のように、個人的出来事を超えた、素晴らしい前兆と受け取られたのだった。
枝の先まで満開の櫻を頭上に、自身の足先を見据えながら歩く、仮の人の不様な日常の所作は、誰にも覚られぬよう、又、自身にも知られぬよう、躍る事へのみ傾倒してゆくように注がれているのだったけれども、未開のまま見開かれている櫻たちの『目』には、自明の出来事であって、周知の事実を目の当たりにした、彼等の眼に映る仮の人の振る舞いは、キチガイ・マチガイ・カンチガイの、空奇しい錯乱となるのであろうよ。 土中へと咲く根が観る世界から、天空から仰ぎ見る世界へと、順次に堪え忍ぶ自然天然の、大らかさとは裏腹に、狭隘で閉塞した人類への憐憫を、仮の人は微塵にも感じまいとするかのように項垂れながら、恍惚と冷厳に踏みしだいていく。
「私は仮の人間だ。私は私でさえ無い。どこまでもいつまでも、実の人にはなれぬ存在が私なのだ。死して仮の死者となり、仮の世に再生して仮の胎児となる。仮の神にも仮の悪魔にもなろう。眞への近似値、実への漸近線が私だ」 仮の人は、無の形骸化した自身の姿を、前方に運びながら、咲き誇る櫻を後にして黙狂し続ける。 思索する事で漸く保たれている彼の魂は、あの、羽と石垣と朋に、何処へともなく、いつのまにか、消えて仕舞った。
e0304099_13271784.jpg

[PR]
by hitohiso | 2015-09-26 13:27
*全ての虚者と∀の舞踏歌*
――今を仕舞うは永遠を躍る――
★未来は美しき過誤★
私に常に寄り添いながら、普段は遠い彼方に離れていて、その影さえ見せない仮の人の姿が、ふとしたはずみで顕れる瞬間があって、それがその朝、やはり唐突にやってきたのだった。
朝一番の鳥たちの囀りには、何か特別な意味があるのではなかろうかと、早朝の鳥たちが交わすハーモニーに、心ならずも動悸を覚えながら歩く道すがら、眞正面に鎮坐まします、見馴れた石垣を、摸造絵のようだなと感じた直後、側面宙空に正坐したように映る、ひらひらと舞い浮かぶ生物がいる!
それは、小さな小さな純白の羽であったけれども、地面と平行にフワフワと漂いながら、正面からの石垣を片側に、漂う羽を反対側に、仮の人を境界にして分かれながら、私の視界から遠ざかる様は、重力と拮抗して妙に不自然で、小鳥たちの、野放図でいて厳格な挨拶のように、個人的出来事を超えた、素晴らしい前兆と受け取られたのだった。
枝の先まで満開の櫻を頭上に、自身の足先を見据えながら歩く、仮の人の不様な日常の所作は、誰にも覚られぬよう、又、自身にも知られぬよう、躍る事へのみ傾倒してゆくように注がれるているのだったけれども、未開のまま見開かれている櫻たちの『目』には、自明の出来事であって、周知の事実を目の当たりにした、彼等の眼に映る仮の人の振る舞いは、キチガイ・マチガイ・カンチガイの、空奇しい錯乱となるのであろうよ。
土中に咲く根が観る世界から、天空を仰ぎ見る世界へと、順次に堪え忍ぶ自然天然の、大らかさとは裏腹に、狭隘で閉塞した人類への憐憫を、仮の人は微塵にも感じまいとするかのように項垂れながら、恍惚と冷厳に踏みしだいていく。
「私は仮の人間だ。私は私でさえ無い。どこまでもいつまでも、実の人にはなれぬ存在が私なのだ。死して仮の死者となり、仮の世に再生して仮の胎児となる。仮の神にも仮の悪魔にもなろう。眞への近似値、実への漸近線が私だ」
仮の人は、無の形骸化した自身の姿を、前方に運びながら、咲き誇る櫻を後にして黙狂し続ける。
思索する事で漸く保たれている彼の魂は、あの、羽と石垣と朋に、何処へともなく、いつのまにか、消えて仕舞った。
e0304099_13124133.jpg

[PR]
by hitohiso | 2015-09-18 13:12
*全ての虚者と∀の舞踏歌*
――今を仕舞うは永遠を躍る――
★Non-Linear Dance★
翁童と仮の人の会話を反芻しながら、昼日中の、人もまばらな車輌の座席に腰掛けていたのは、何かの用事で出かけた訳では無かったはずで、母親が踏む足踏みミシンの縫針に縫われて仕舞った、額の傷跡を元に、新たな巣作りするのが本意であったような氣もするのだけれども、曖昧さ加減を仕事としていたのかどうか、目的なんぞは大した事では無くなったまま、自動人形のようにフラフラと出向いた先の観念幻想であった。
ひょっとすると、二本の線路が錨となって、まるで地海に浮かぶ方舟を想起させる、鉄の塊の軋み具合が、海中生物の鳴く歌声や、胎児たちの戯れ合い声に変わる瞬間こそが、その時の自分の生理に必要であったが為に、わざわざ大儀な体を駅まで運ばせたのかも知れぬ。
鋼鉄の箱が、巨大な水生生物めく、全身を身悶えさせて洩らす、嬌声にも似た響きには、日常という悪夢から解放される生生しさが共鳴するのであろう。どうでもいいように、自動器械さながら、プラットホームから車輌へと、体を放り投げて座席に腰掛ける。
ほんの少しの間の内に、無視続けられた哲学が、蟲の息へと変わり果てた、美的センスの欠片も、寸毫の詩情も無い、四角四面の吊り広告と液晶画面から顔を背け、面白みの欠けた乗客を人形化しながら、グレゴリー・ザムザよろしく、毒蟲になった自分が、誰もいない車輌の長椅子に寝そべり、春の日差しを麗かに浴びながらの、新たな旅立ちをぼんやりと夢想しつつ、電車の車掌の低くくぐもった、手馴れた様子だが妙に不埒な声色を使ってのアナウンスを聴くともなく聴いていたのだった。
「つぎはぁ~」そこまでは夢現(ゆめうつつ)であったが、一瞬、間を置いて絞り出された次の言葉に、二つの境界に跨りながら恍惚としていた私は、強制的にたった一つの世界へと、羽交い絞めにされて仕舞った。
「オマエだ!」乗客は他にもいるのだが、誰一人氣付かぬ風の中を、まるで死を想わせるような絶望的文句が、誰でもない私に向かって放たれたのだった。
「つぎは、オマエだ!」と言い、一息おいて、畳み掛けるように付け加えた言葉、「開く扉は無い。出口は無いのだ」――ただただ声のみで、顔も素性も知らぬ赤の他人が、私のみに向かってそう断言した事によって、引導を渡された氣分の私は、その言葉を、溜息と朋に吸い込み、望んでいた事が今や成就せり!と、この世界とは絶対無関係の位置をとることで、唯我独尊たる寂滅を味わおうと想い起ったのだ。
そうすると、その電車の線路は、クライン壺状の笛の音が、淫らに咲く理を含んだ、非線型・Non-Linearで出来ていているのが分かったし、人類に子孫はもう必要無いのだと、合点がいったのである。
e0304099_20352819.jpg

[PR]
by hitohiso | 2015-09-11 20:35
*平行する球胎の交接*
音は物質であり意識の肌。
音とは神神の型が破れる波動なり。
音が神を放つ!
氣愛と奇合。
可愛ゐ狂人たちの恋愛呪術。
問も答も汝自身。
*停止し続ける集合点*
透明な闇。
躍り子は光り輝く紋白蝶。
意識は神樂。
無意識の海に沈む、深海底の花の根が燃え裂く事実。
事実無根を生やす天空からの光は届かず、只只、闇へと飛翔するばかり。
*カオスの虚数性*
今を消せば永遠を産むであろう。
言葉を失い、観念を忘れ去り、非在と化せ!
極上の力を吸い、豪奢な美を吐くのだ。
それとも、嫉妬(ジェラス)を吸引して、哀切(ナーヴァス)を吐瀉するかや?
抽象化から延長する物質の所在は絶体無質量!
戦士とは、只一人、宇宙と対峙する命である。
生にとって、死は原動力であり、死に触れられると力になる。
死とは活力なのだ。
死は助言者であり、絶体領域であり、無限ゆえ、生は死を愛し尽くす。
戦士たちよ!
死に呑み込まれること無く、生を純然たる謎として扱うがいい。
e0304099_16295313.jpg

[PR]
by hitohiso | 2015-09-04 16:30
*全ての虚者と∀の舞踏歌*
――今を仕舞うは永遠を躍る――
★地球の直径両極地点で同時刻に起こったヴェクトル美★
深夜の沙漠での出来事。
あたり一面、360度の砂地に、巨大で面妖な月がかかった。
細い細い、今しがた地平線から産まれたばかりの下弦の眉月であったが、両の目に映る砂丘の稜線の左右、端から端までギリギリ一杯、180度ほどの距離に離れて基底を持つ鋭角の光の頂点が、砂地からホンの少うし、小さな小さな砂粒一つ!浮かびながら、僅かで微かだけれど、力強くしなやかに、くっきりと充実した空間を魅せている。
その天空を見晴るかすような巨大な月は、美しい円弧を両際の双点から上空へと描いて、左右の切っ先を地平線スレスレに漂わせながら何時間も、その冷たく穏やかに放たれた光と朋に、沙漠を優しく懐擁くような仕種で、その全貌を微動だにしないのであった。
Ω・オーム・オメガの文字を天地に創出させた地点の、そのちょうど裏側、夜明け前の大海原に、異様な光景が現出した。
沙漠に浮かんだ眉月と同等に、これまた巨大で細い細い、こちらは上弦の弓張り月が、彼の地とは正反対に、弧線の中央を、陸地が一切見えぬ、大海洋の波頭にフレるかフレないかの際どい芸当を演じながら、時間を停止させたようにいつまでも、両の切っ先を天空に向けて高く高くそそり起っている。
地球の両極、片や大沙漠、片や大海原に現われた、この二つの怪異な光景は、似て非なる現象であろう。
沙漠の月は、永い永い闇を切り裂いて、虚空に佇んではみたものの、月自身がそれと氣付いた時、己と世界の存在を意識した時には、もう既にそこに在るという眞実に氣付いていなかったが為、深夜から夜明けまでの数時間、地球を停止させていたのであったが、日の出と朋に、月自身に意識が芽生え、日の光と意識の光の、双方が抱き合い、双方が熔け合うが如く、天界の寵愛を享受しながら吸い込まれるようにして消えて仕舞った。
一方の大洋の月は、誰にも氣付かれず、そこに存在している何かを、己自身が知る事は出来無いという事を、月自体が知っていたので、夜明け前に産まれ出でたその巨体を、夜が明けて陽が昇り、又、沈み始めても、消える事無く、不動に躍らせる事が出来たのであった。これら空奇しき未曾有の月たちの、策略と憧憬とは如何なるものなのか!?
このように反転投射された双子の月のヴィジョンを観想した仮の人が、月光に浸蝕されて生じた、不完全という財産を雛型にして紡ぎ編げたのが、この物語である。
何かが充満している眞空では無く、眞実きっぱり本当に何も無い、存在も非在も宇宙も謎も答も無い、そこからは未来永劫、観念も物質も産まれぬ、絶体絶命・正眞正銘の眞空、即ち『無』。それは、今ここに確かに在るにもかかわらず、生きている内はおろか、死んでから後でも到底届かぬほど、想像の彼方の遥か向こうに轟いて鳴る神智の輪舞が、宇宙背景輻射熱の如く遍満しながら、その正体を、仮の人の皮膜の内側までかすめては、まるで悟らせないぞとばかり、キッパリ無くなって仕舞った。
この仕儀から仮の人は、衝動と焦燥を、疑念と祈念を、悪魔のように恬淡と、天使のように濃厚と、彼自身を駆り立てる、自分自身が自分自身を呑み込んで無化して仕舞う、その兆候に陶然と耽溺しながら、儚く切なく震え続けるのであった。
「『眞』という字が、野たれ死んだ屍骸を意味するなら、この宇宙一杯に散らばる物質という名の、現象の屍骸をもってすれば、科学的『眞空』は強ち間違っていないかも知れぬ。だが、私の『眞空』にそんな猥雑さなど微塵も必要無いのだ。もっともっと超然として静謐の極致、そう!あらゆるオブジェが、地球上の洒落た物象やら天空の粋な象徴やらが、その表裏する愚劣で醜悪な恋人と朋に、綺麗さっぱり悉く消え去った、それこそが畢竟、純粋美のみ!の超絶樂園であり、私の『眞空』に相応しいのだ」と、偏執狂の滑稽さを露呈させて、仮の人の憑依された器官は、狂おしくも微笑みながら泣き叫ぶ。
静かな嗚咽を密かに味わう、仮の人の実相が呼び寄せたのか、今一人の人物が、仮の人の傍らに彼の影と重なるようにして出現した。彼の風貌は、老人でいて少年、死者であって胎児という、時空を異にした双方の霊魂と肉体の歴史を、それぞれ明確に粒起たせながら、渾然一体と溶け合わせ、氣まぐれで悪戯者の自然を装いながらも、唯一無比の絶対者のように振る舞うので、仮の人は彼、翁童を『イノセンス』と名づけ、答の無い答を解き明かす相手として、自分の影のように親しく接した。
「同じ木から同じ葉が落ちるのも、杯からこぼれた水が、又、その杯に戻るのも、それらは奇跡では無く、迷誤の歴史の暗い片隅に追いやられた事実であって、常識の罠に拘泥して、もう一つの世界を知る事も無く一生を終える、可哀相な奴隷根性の輩には不要の神秘なのだよ」そう翁童が教え諭す未来に向けて、「洞窟は地球の子宮なのです」と応対する仮の人の背後には、正三面体の月が忍び笑っていたのだった。
「うだるような熱さや凍てつく寒さでも、洞窟内では快適な温度が保たれ、強風も防いでくれますし、湿氣は火を絶やさない事で解決出来るのです。禅の祖師でアル達磨が、洞窟内で面壁七年の修行をしたのも、その心地好さから来る胎内瞑想であったに違いありません」
いやはや、非線型モデル。
e0304099_13591828.jpg

[PR]
by hitohiso | 2015-09-02 13:57
*全ての虚者と∀の舞踏歌*
――今を仕舞うは永遠を躍る――
★努努夢見る事無かれ★
地球人にとって太陽は根源の神であり、地球の母であり、万物の胎でありましょう。
そうした原初の神である太陽の表面温度は、地球人が言う炎熱には程遠く、亜熱帯ほどの氣温を保っており、生命を快く育むに適していて、柔らかで闊達な、波しぶきのように振る舞うフレアー・炎波の火影に、美しく輝く、たくさんの生命が憩っているのです。
『心頭滅却すれば火もまた涼し』と云いますが、太陽人は、地球人がその存在を忘れる程近しい存在の大氣を、愛しくて愛しくたまらない恋人のように、いつもいつも想い遣る事で(そう!彼等にとっては恋愛こそが生活なのです!)、身も心もあたたかな焔となって、愉悦の内に燃え上がって仕舞うのでした。
ですから彼等の心頭は、常に焼き尽くされたニルヴァーナ状態にあって、羊水に浮かぶ胎児のような極樂を明晰に意識し、清らかな森と泉に充ち溢れる精氣のように、彼等を覆って余り在る陽氣を愛するのです。
このように愛されている太陽自身は、自分の肌から喜びを発散させ、愛と智慧のエネルギアとして火炎熱となり、私たちの棲むこの地球へと降り注いでくれているのです。
太陽からの至上の恩恵を悉く得ている地球では、その理を分別して科学的認識をしていますが、その反面、巧妙な集団催眠にも陥り、余剰の天使を殺戮しては、唾棄すべき短絡地獄をも産んでいるのです。
複雑怪奇な宇宙への郷愁は、愚かさと凡庸さを骨の髄まで植え付けられた地球人にとって、曖昧模糊たる夢想事として取り扱われていますが、彼等はその、赤子のように柔らかく傷つきやすい、儚いコワレモノである、存在と宇宙を思索する大元の眞実を、嘘と欺瞞で入念に隠しては幽閉し、取り繕った様子が歴然として在るにも関わらず、見て見ぬふりの、偽善で露悪なる同胞たちと朋に、滑稽で馬鹿馬鹿しく空しい、、眞に憐むべき共犯行為へと唆しているのです。
自らの犯罪行為を執拗に塗り固めて隠蔽し、表面にたっぷりと、無恥と嫉妬の厚化粧を丁寧に施した、他人も己も欺き騙す手法は、刻刻と狡猾に饒舌になってゆき、愛を汚し、美を傷付け、慈悲に毒を盛り、智慧を殺し、そうやって彼等自身、死んだような生涯を送るのであります。
何と浅ましく無慙の人生でしょうか。
眞実を知る者は排除され阻害される、地球人の粗雑な狂氣には、陳腐な文明と卑猥な文化が見せ掛けの共起をし、実の無い驚喜を与え合ってるのでしょう。
「月が日ごと形を変えるのは、月自らが自身を彫塑しているから」
己を削っては消し、消しては加えるその姿勢が、躍る身振りを象徴して余り在るのだけれど、月並みの身振りの鋳型の中でも、消滅点・Vanishing-Pointに最も近い、暗月との関係が一等深く親しく、眉月とも弓張り月とも呼ばれる、鋭く優雅なカーヴ・弧線の響きを持つ、黄金の曲針が一等美事!
月は、夜も太陽の存在を照らし出してくれる鏡の星。
月は、地球人に観念と思想を授け、想像と創造の海を、数奇なだけ泳がせてくれる。
月の水は、火炎のようにカラリとそよぎ、太陽の焔は波浪のようにサラリと泳ぐ。
月は、太陽の最愛の影であり、太陽は月の至高の光。
だから、月の人は、無様で不恰好な宇宙服を着てたら観えないし、太陽人は、強情で臆病な狂信者の心眼には届かないの。
e0304099_13492716.jpg

[PR]
by hitohiso | 2015-09-02 13:49