<   2017年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「トレーシング・ペーパーと方眼紙が、滅法数奇!」

「半透明で、物分りの不明瞭な風情が滲み込んでいるトレーシング・ペーパーと、ミリ単位で区画整理された方眼紙を、きっちり重ねて占うのデス」

「裏を綯う・NOWが占いだから、半透明と幾何学は、預言坐標として役立つ代物なのデスね」

「そんな未来には、人が嫌い厭う、自由という原初の力が、もんどり打って定着するようで、切なく愛おしいのデスよ」

「そのように仕向けられている体の在り様が、訝しく想われるのだけど、怪しさも又、心積もりに成っていくモノだから、こうしたヴェクトル癖には、しこたま翻弄される由縁なのデSHOW!」

「まあ、ぶっちゃけ、拘束される快感は確かに在って、予定調和が遅延する度に、先の後悔が迸り出ては、不失を為す始末なのデス」

「トレーシング・ペーパーと方眼紙を静かに重ね、その二重紙のど眞ん中に、墨でも絵具でもいゐから一滴垂らし、それから口をすぼめて、定点へ向けて一氣に、鋭く細く吹くのデス」

「そうすると、偶然の本質が伺えるって寸法でね」

「惚れ惚れと見蕩れる自己の奇跡は、世界の謎ってモノ!」


[PR]
by hitohiso | 2017-09-24 15:13
絶不調
憑依


自己は闇。
宇宙は暗黒。
唯一無比たる、光の子等は殺される。
自由自在なる、光の子等は殺し合う。
闇の命令。
暗黒の奴隷。

本能
生理

呪い合う光の子等よ!
闇に洗脳されよ。
暗黒に支配されよ。
地獄に狼藉を働け。
神とは汝等。
汝等は光の子。
汝等は闇の母。
汝等は体。
汝等は無。

[PR]
by hitohiso | 2017-09-19 20:33
龍は、古来より神獣として、靈獣として、人々に崇め奉られて来た。
龍は、天から降りて水呑む神獣の、靈獣の、姿形。
龍は、反りをもつ線蟲であり、蛇であり、蜥蜴。
龍は、弓に、刀に、縄に、橋に変化し、文化と成りて人に仕えた。...
虹は、目に見える龍として、古来より畏怖されて来た。
虹は、恐怖の象徴であり、不吉の現象であった。
虹は、人々への禁忌として起ち顕れた。
陰陽不和として、婚姻錯乱として、男女失道として、虹は凶兆された。
指指さば指歪むとして、虹は迷信された。
清浄にして、絢爛が虹は、光魔なりや。
颯爽として、豪奢が虹は、美鬼なりや。
荒れ狂う波、襲い来る津浪、暴れ落つる雪崩は、水の龍。
突き破り抱き殺す竜巻、圧し攫い吹き飛ばす台風は、風の龍。
轟き刺す雷、裂け砕くる噴火は、火の龍。
うね乱れ引き倒し、崩し覆す地震は、土の龍。
天変地異なるは、龍が仕儀なり。
天災・人災は、龍が仕儀なり。
龍とは、怪物であり、精霊。
龍は、鋭い眼光で世界を睨みつけ、圧倒的な力を暴発させる。
龍は、憤怒する不死であり、母型の影。
無の螺旋が龍なり。
虚点の乱舞が龍なり。
ドラゴン・アッシュはサクリファイス。
灰化恐竜は慈悲心鳥。

[PR]
by hitohiso | 2017-09-07 19:01
統一理論の、複雑な拡張だけ、仄暗い星型。
完全犯罪者が、唯一無比と、錯誤された星坐。
眩く輝く、澄明なる、ライアー・ステラ。
妖しく煌めく、暗濁なる、ライアー・ステラ。...
星型とは、剥製と筋肉の、困難な継続性と、紛う事無き均一性。
星坐とは、壮大な重合物の、異種変換の促進性。
「時空間の無限ループを、特異点を装いて、常に想起せよ!」
「私という、滑らかで冗長な同質性よ!」
「E=mc2のやうに、機能不全たれ!」
論理の破綻と因果律の無効が産む、生命無き固体史実としてのオブジェが星。
操り人形のやうに、息もせで、ギクシャク動く、聖性が星型。
無頓着に振舞い、虚空を躍る、オブジェンヌが星坐。

[PR]
by hitohiso | 2017-09-02 21:09