☆ムマン☆初接吻(First-Kiss)

e0304099_17581051.jpg

初めてのキッスは、十二支が刻印された時計台のある、柔らかな鉄と石とで出来た小学校の、星屑を集め鋳造(ちゅうぞう)して濾過(ろか)させた、霧吹き木造仕立ての階段躍り場で、ほっぺたのふっくらした丸顔の優しく可愛い少女とでした。
柔らかに潤(うるお)う唇の感触に、足元の床が雲の布団のように温かくふわふわと応えてくれましたっけ。
特殊な少年ばかりを好んだ彼の性癖は、苛(いじ)めっ子の寡黙(かもく)と卑屈が、御調子者の不調法に憑(つ)かれながら演じられていたのですが、そのカンチガイの誘惑が彼自身を騙(だま)し唆(そそのか)しては反撃を加えるのですね。
その反撃に恐れを為(な)した彼は、それを観まい!と目玉を凍結させ、萎縮(いしゅく)してゴツゴツとした眼差しで禁巳(きんみ)の少年を射っては、罵詈雑言(ばりぞうごん)の言い訳を浴びせたものでした。
己(おのれ)の純真さに迷惑したり安堵(あんど)したりしながら取る校庭での相撲は、アヤトリとオハジキが立体シールに結実するように、少年少女の下敷になっては、ゴーカートに揺れる速度の熱ごと放り投げられたりして、使い物にならなくなった物事を少な目に勘定する習慣が身についていくのですよ。
一方は不可通の嫌悪、一方は交歓し合う好感、そうした皮算用も習うとなると照れ臭いものですね。
特殊学級の智恵ちゃんは彼の言うことを何でも聞いてくれました。
「おっぱい見せてくれ」
そんな注文に彼女が、白いブラウスのボタンをそろりそろりとはずす風合いは、溜息が出るほど優しくって奥床しくって、ふっくらふくらんだ白痴の少女のおっぱいを見せてもらった彼は、その仕草に、その肉体に、架空の姉と母の混交体を夢想するのでした。
学校外で出合う彼女は、いつも彼女の母親と一緒でしたが、その母親の目を盗んで交わした彼女との秘密の合言葉「やっしょ♪」「まかしょ♪」は、二人だけの呪能をもち、二人だけの舞台を瞬(またた)く間に起ち上がらせるのです。
少年王国のピエロが王様に化けて裸に晒(さら)されました。
脱糞(だっぷん)少年だって立派に授業を促進するんだから、布団いっぱいに世界地図を描く寝小便小僧なんぞは尊敬に値するのですね。
半ズボンから、少年のとは想われぬような巨大な陰茎(いんけい)をはみ出させて走る学校随一のトップ・ランナーは、南方系の顔立ちをした八百屋の息子でした。
その雄大でエネルギッシュな走りっぷりが氣に入った彼は、大人びた八百屋の息子に憐(あわ)れみをかけて欲しくて火事場狂言を演じたのか知ら?
土手を渡って来る風に追い越されながら、自身の魂が離れて行く発火点へと、暗く淋しいあきらめを運んでは砂埃(すなぼこり)と化すのですよ。
[PR]
by hitohiso | 2013-01-03 17:31