☆死苦詩久(しくしく)笑う☆

e0304099_18524162.jpg
★Objet-Romance★

月が日ごと形を変えるのは、月自らが自身を彫塑(ちょうそ)しているから。
己(おのれ)を削(けず)っては消し、消しては加えるその姿勢は、躍る身振りを象徴して余り在るが、月並みの身振りの鋳型(いがた)の中でも、消滅点(Vanishing-Point)に最も近い、眉月とも弓張り月とも呼ばれる、暗月との関係が一等深く親しい、鋭く優雅なカーヴ(弧線)の響きを持つ黄金の曲針が見事!

月は夜も太陽の存在を照らし出してくれる鏡の星。
地球人に美と力を授(さず)け、想像と創造の海を味あわせてくれる。

月の水は火炎のようにからりとそよぎ、太陽の焔(ほむら)は波浪のようにさらりと泳ぐ。
月は太陽の最愛の影であり、太陽は月の至高の光である。
月の人は、無様で不恰好な宇宙服を着た者には見えない。
太陽人は、強情で臆病な狂信者の心眼には届かない。
[PR]
by hitohiso | 2013-01-04 18:52