☆死苦詩久(しくしく)笑う☆

e0304099_18595122.jpg
★Objet-Romance★

人間が地球にだけ居るだなんて!
努努(ゆめゆめ)夢見る事無かれ・・・・

地球人にとって、太陽は根源の神であり、地球の母であり、万物の胎(はら)でありましょう。
そうした原初の神である太陽の表面温度は、地球人が言う炎熱とは程遠く、亜熱帯ほどの氣温で、生命を快(こころよ)く育(はぐく)むに適(てき)していて、柔らかで闊達(かったつ)な、波しぶきのように振る舞うフレアー(炎波)の火影(ほかげ)に、美しく輝く、たくさんの人が憩(いこ)っているのです。
「心頭滅却すれば火もまた涼し」と云いますが、太陽人は、地球人がその存在を忘れる程近しい存在の大氣を、恋人のように、いつもいつも想いやる事で、(そう!彼等にとっては恋愛こそが生活なのです!)身も心も温(あたたか)かな焔(ほむら)となり、愉悦(エクスタシー)の内に燃え上がって仕舞います。
ですから彼等の心頭は、常に焼き尽くされたニルヴァーナ状態にあって、羊水に浮かぶ胎児のような極樂(パラダイス)をはっきりと意識し、清らかな森と泉に充(み)ち溢(あふ)れる精氣(スピリット)のように彼等を覆(おお)って余り在る陽氣を愛します。
このように愛されている太陽自身は、自分の肌から喜びを発散させ、愛と智慧のエネルギアとして、火炎熱となって地球へと降り注いでくれます。
太陽からの至上の恩恵を悉(ことごと)く得ている地球では、その理(ことわり)を分別して科学的認識をしていますが、その反面、巧妙な集団催眠にも陥(おちい)り、余剰(よじょう)の天使を殺戮(さつりく)しては、唾棄(だき)すべき短絡地獄を産んでもいるのです。

複雑怪奇な宇宙への郷愁(ノスタルジア)は、愚かさと凡庸さを骨の髄まで植え付けられた地球人にとって、曖昧模糊(あいまいもこ)たる夢想事として取り扱われていますが、彼等はその、赤子のように柔らかく傷つきやすい、儚(はかな)いこわれものである、存在と宇宙を思索(しさく)する大元(おおもと)の真実を、嘘と欺瞞(ぎまん)で入念に隠しては幽閉(ゆうへい)し、取り繕(つくろ)った様子が歴然として在るにも関わらず、見て見ぬふりの偽善で露悪なる同胞(どうほう)たちと朋(とも)に、滑稽(こっけい)で馬鹿馬鹿しく空(むな)しい、誠に憐(あわ)れむべき共犯行為を唆(そそのか)すのです。
自らの犯罪行為を執拗(しつよう)に塗(ぬ)り固め、表面にたっぷりと無恥と嫉妬の厚化粧を丁寧に施(ほどこ)した、他人も己(おのれ)も欺(あざむ)き騙(だま)す手法は、刻刻と狡猾(こうかつ)に饒舌(じょうぜつ)になってゆき、愛を汚し、美を傷付け、慈悲に毒を盛り、智慧を殺し、そうやって彼等自身、死んだように生涯を送るのであります。

何と浅ましく無慙(むざん)の人生でしょう!
真実を知る者は排除され阻害される地球人の粗雑な狂氣には、陳腐(ちんぷ)な文明と卑猥(ひわい)な文化が見せ掛けの共起をし、実の無い驚喜をしてくれるのでしょうね。
[PR]
by hitohiso | 2013-01-04 19:00