「梃子(てこ)の原理」

e0304099_199941.jpg
仕合(しあわ)す手前の足踏みも、
仕合(しあわ)す合間の足音へ吸い込まれて了(しま)うと、
仕合(しあわ)す後先が満足なほど、
仕合(しあわ)しては詰(なじ)る不幸は、
仕合(しあわ)せへの狂昧(きょうまい)となり、
仕合(しあわ)せからの惑乱(わくらん)となろうもの。
仕合(しあわ)せは観念の美のよう空奇(うつく)しく、
仕合(しあわ)せは智慧の力のように馨(かぐわ)しいのに・・・

2009年10月末、日向(ひなた)の月影を足裏(Aura)に忍(しの)ばせ、奥多摩川の辺(ほとり)へと越しながら、三ヶ月ぶりにオブジェンヌの恋人たちとの再会を果たす。
媚薬(びやく)の匂いと味に魅(み)せられて、劇薬が舞い咲く夢魔(Night-Mare)の実体は、抱(かか)え切れぬほど豊かではあるが、セクシャルな日常を渇(かわ)き求める性癖(せいへき)が、苦蜜のように襲いかかるのは今だ致し方無いのであろう。
[PR]
by hitohiso | 2013-01-04 19:10