☆土方巽☆

「器官無き不死鳥」
e0304099_21144315.jpg


どうしても避けて通れぬ道すがら、正正堂堂渡り合う生と死の逆上は、油断のならぬ自分以外を抱き寄せ、叛乱を企てる。

産声の足跡消して吾喰らふ。

透徹する黙狂の心根を覗き見るに、氷山の一角を生理する光景甚だ眩しく、息の根が止まる想い猛りて、生えれば慰み、絶えれば空しく耐えるのみ。

余白の可愛い使者は、いつでも海を奏でていようや。
[PR]
by hitohiso | 2013-02-02 21:15