☆中西夏之☆

「絵画への照射から派生する都市工学デザイン目論見」
e0304099_21242799.jpg


素粒子の舞を射抜く荒技を演じる大舞漢が母体『フラジャイルのゆりかご』は、精緻な紋様を織り成す、速度の花と根に、縦横無尽に入り乱れる武器を得、美は必然として入滅するであろう。
その氣に成れば『奇跡』を起こさせる事実こそが、人類の叡智なのだ。
その愛の行為が美術なれば、スーパー・トラップに犯されている方法汚染を食い止めるには、無敵の敵に挑む勇氣と、地獄に狼藉を働く元氣が必要だ。
とんでもない大胆人の出現を待つこと無く噴出する、私たち鋳型の功罪を照射せよ!
[PR]
by hitohiso | 2013-02-02 21:25