★One-more-Kiss★

「トレーシング・ペーパーと方眼紙が、滅法数奇!」

「半透明で、物分りの不明瞭な風情が滲み込んでいるトレーシング・ペーパーと、ミリ単位で区画整理された方眼紙を、きっちり重ねて占うのデス」

「裏を綯う・NOWが占いだから、半透明と幾何学は、預言坐標として役立つ代物なのデスね」

「そんな未来には、人が嫌い厭う、自由という原初の力が、もんどり打って定着するようで、切なく愛おしいのデスよ」

「そのように仕向けられている体の在り様が、訝しく想われるのだけど、怪しさも又、心積もりに成っていくモノだから、こうしたヴェクトル癖には、しこたま翻弄される由縁なのデSHOW!」

「まあ、ぶっちゃけ、拘束される快感は確かに在って、予定調和が遅延する度に、先の後悔が迸り出ては、不失を為す始末なのデス」

「トレーシング・ペーパーと方眼紙を静かに重ね、その二重紙のど眞ん中に、墨でも絵具でもいゐから一滴垂らし、それから口をすぼめて、定点へ向けて一氣に、鋭く細く吹くのデス」

「そうすると、偶然の本質が伺えるって寸法でね」

「惚れ惚れと見蕩れる自己の奇跡は、世界の謎ってモノ!」


[PR]
by hitohiso | 2017-09-24 15:13